小児歯科

お口の中の環境が大きく変わっていく時期です。初期虫歯が出来ていないか、歯肉の状態、歯並びと噛み合わせのチェックを定期的に行うことが重要です。子供の成長に合わせた治療やブラッシングの指導を行っていきます。

虫歯予防

フッ素の塗布は3ヶ月周期で高濃度のフッ素を塗布すると虫歯予防の効果はより持続します。奥歯の溝はシーラントを詰めることで、虫歯を防ぐことが可能です。また、検診では口腔内のチェックや正しい歯磨きの方法等の虫歯予防のレクチャーも行っています。

外傷治療

転んでしまったり、ぶつけて、歯がぐらぐらする、歯が折れてしまった場合、すぐに適切な処置を行うことによって元の状態に修復することが可能です。できるだけ早く診てもらうようにしましょう。